中野区の歯科|落合歯科医院 - インプラント・ブリッジ・入れ歯・噛み合わせ・顎関節症・ホワイトニング

中野区の歯医者 落合歯科医院

   
顎関節症

すべての治療に対して、顎関節症を念頭においた治療を心掛けております。
顎関節症に対しては、口腔顔面痛の概念や最新の生体力学的考察に基づき顎関節症を治療しております。

【症状】

主症状
アゴがなる、アゴが開かない、アゴがいたい、等
副症状
肩がこる、頭痛がする、耳鳴りがする、耳がいたいなど。
その他
あごの不快感、歯がいたい、歯の痛み、入れ歯を入れてから調子がおかしくなった、など。

【原因】

3つの輪の交点に、顎関節症あり。

顎関節症の治療1 セルフコントロール

■治るために!!
1,まずは、歯ぎしり、くいしばりに気付きましょう

2,瞬間的に咬んでいるなと気づいた時に、上下の歯を合わせないように心掛けましょう。

3,下記に記すクセをやめましょう。

うつぶせ寝をしない。

ほおづえをつかない。
高い枕を使わない。

大きなあくびをしない。
高いトーンの歌を控える。

4,最近、身の回りで大変な出来事が起きたり、精神的なストレスがかからなかったか思い出してみましょう。ほとんどの場合、それらのストレスと顎関節症の発生時期が重なることが多いようです。

5,寝ているときに無意識に歯ぎしり・くいしばりをしている方が大勢います。
アゴの関節に負担がかからないように、寝ているあいだ中よく調整されたマウスピースを入れておきます。 (注1)

(注1)柔らかいマウスピースは余計に、xかみ込んでしまうため疲れやすいと言われています。

治療の終了の目安
・前述の1〜3の実践により、症状が取れたら治療終了です。
・マウスピースをつける必要がある方は、段階的にマウスピースを調整していきます。
・あごの状態が改善したら、かみ合わせの治療をする場合があります 。
・症状が取れ、かみ合わせに問題が無くなれば治療終了です。

顎関節症と正常な方の違い
正常な方の場合
骨が当たる事なくスムーズな開閉。
   
顎関節症の方の場合
関節円板が引っかかりそれ以上口が開きません。
また、関節が前に出ようとした時に関節円板に引っかかり痛みが出る場合があります。
また、それ以上口を開こうとすると関節円板を乗り越えた時に合にカクンと音がなる場合があります。

 

顎関節症の治療 マウスピースをつけた場合
1,症状がとれたら、終了とすることが多いです。
2,症状が取れても、咬み合わせが気になる方。
 a)咬み合わせが高い部分の歯を削ることで、
   すり合わせをします。
 b)足りない部分に、かぶせものや詰め物をすることで、
   かみ合わせを治します。
 c)矯正治療を必要とする場合、矯正専門医を
   ご紹介しております。
顎関節症の痛みの治療 レーザー治療・理学療法

(レーザー治療器)
顎関節症治療に対して有効であることが証明されています。
出力の弱い半導体レーザーを患部に充てることで、症状が改善されます。


(超音波治療器)
この装置は通常届かない深部まで立体的に作用させる事ができます。
筋肉の緊張緩和と痛みの軽減に威力を発揮します。

 

△このページのTOPへ

インプラント・入れ歯 個別相談

 

中野の歯科 落合歯科医院
〒165-0027 東京都中野区野方1-9-16  JR中野駅より徒歩13分。バス10分。タクシー6分
中野区のインプラントなら落合歯科医院へどうぞ。
当院には中野・高円寺・杉並をはじめ、都内各地からも患者様がご来院されております。
TEL:03-3385-3434
診療時間  月〜金: 9:00〜13:00/14:00〜19:00 土: 9:00〜13:00/14:00〜17:00 休診日 祝祭日、日曜日